FAQ

【Meeting Ultra・Ultra Standard】なぜ発言者の追跡が遅れることがあるのですか?

Q:なぜ発言者の追跡が遅れることがあるのですか?A:画面の頻繁な揺れや切り替えを避けるために、発言者が3〜5秒間連続して発言してから、その発言者を表示し強調します。 製品に関しましてご不明点や疑問点などございましたらお気軽にお問い合わせください。サポートチーム:service@kandaovr.com


【Meeting Ultra・Ultra Standard】人が高速で動くと画面にゴーストが現れるのはなぜですか?

Q: 人が高速で動くと画面にゴーストが現れるのはなぜですか?A:HDRモードを有効にすると、システムは画像のダイナミックレンジを向上させるためにマルチフレーム合成を使用します。これにより会議シーンの詳細が向上しますが、高速で移動する物体はマルチフレーム合成時に大きなずれが生じるため、ゴーストが発生します。これはHDRモードの特性であり、カメラの故障ではありません。HDRモードをオフにするとゴーストが除去されます。 製品に関しましてご不明点や疑問点などございましたらお気軽にお問い合わせください。サポートチーム:service@kandaovr.com


【Meeting Ultra・Ultra Standard】HDR機能と解像度切り替え機能がないのはなぜですか?

Q: HDR機能と解像度切り替え機能がないのはなぜですか?A:HDRと解像度切り替えのオプションは会議中は隠されています。Camera Toolの設定を開くと表示されます。 製品に関しましてご不明点や疑問点などございましたらお気軽にお問い合わせください。サポートチーム:service@kandaovr.com


【Meeting Ultra・Ultra Standard】画面に表示されているモニターや照明がちらつくのはなぜですか?

Q:画面に表示されているモニターや照明がちらつくのはなぜですか?その状況を避ける方法は?A:一般的な照明やモニターのちらつきは肉眼では見えませんが、実際には高速でちらついています。カメラのフレームレートが照明やモニターのちらつき周波数を超えると、暗いフレームと明るいフレームを交互にキャプチャすることがあり、目に見えてちらついているように感じます。均等な明るさの会議室ではHDR機能をオフにし、大きな光のコントラストがあるシーン(例:自然光が十分に入る大きな窓のある会議室)ではHDRをオンにすることをお勧めします。